FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル....

今日のテーマは『モンゴル』....

モンゴルと言えば、まず思い出すのが「朝青龍。チンギス・ハーン(成吉思汗、ジンギス・カン)」。
特に、チンギス・ハーンは間違いなく世界で最も有名なモンゴル人だと思います。
13世紀に、世界最強と恐れられた騎馬軍団で中央アジアはおろかイスラム世界を次々と制覇し、
ヨーロッパにまで手をのばしていたそうな.....
しかし、これだけ有名であるのに、彼がどこで生まれどこで死んだか...
未だ、正確にわかっていない、謎の多い人物です。
しかし、この謎めいたところがまた新たな伝説を生んでいる様です。

義経不死伝説もその一つ。
これは源義経が追われて奥州から蝦夷へ脱出し、さらに対岸のアジア大陸に逃げ延びて、
後にチンギス・ハーンになったと言うもの。義経が蝦夷に敗走したのが、1189年頃...
丁度、時期的合っていたのでこういう伝説が生まれたのでしょう。
しかし、この説を初めて唱えたのがドイツ人医師シーボルトだというから、なお面白い。
彼の著書『日本』(1832年)に初めて文字として残っているそうです。
という事は,1830年代にはこの話があったという事になりますね。
実際、いまでも八戸市内には、義経が立ち寄ったと言われる場所が残っているとか.....

日本から遠く離れたモンゴルという国が、歴史の上でこういう形で日本と関わってくるのは面白いですね。

又、このモンゴルという国の現在はと言いますと.....凄い事になっています.....
急激に経済は発展を遂げ世界中から資源メジャーや商社が、集まっているそうです。
それはなぜか?.... 
いまだ手付かずの国土の75パーセントに膨大な資源が眠っていると言われているからです。
かつてのゴールドラッシュを彷彿させるような話ですね。

今、日本の相撲界はモンゴル人のパワーの前に圧倒されて成す術も無い状態です。

モンゴルのこの秘められた力は経済においても、日本のみならず世界を席捲する日は近いのかも知れません。

あのチンギス・ハーンの時代の様に.....

スポンサーサイト

自己破産って.....

自己破産

自己破産って、皆さん聞いた事ありますよね。
自己破産をすると全てを失うような、何かすごく恐ろしい言葉の様に聞こえるのですが、
よくよく調べてみると、以外にもそうでもないようですよ。

考えてみると、自営業でほそぼそと営んでいる私など、この言葉を背中に背負って
毎日生きているようにも思えます。

お金に困った時など、銀行などなかなかお金を貸してくれないし....
クレジットカードが唯一のキャッシングの手段です。
それでも、足りないと今度はいよいよ消費者ローンです。
ここまで来るとドンドン背中の荷物が重くなってきます。
そして借金を返すために、新たに借金....そう、負のスパイラルですね...
毎日取り立ての電話...家にも来ますよね....追い詰められて....
そして、どうにも首がまわらなくなって...自殺....??

いえいえ、その前にまだ方法があります....そう、最後の手段が自己破産です。

弁護士さんに自己破産の申し立てを依頼すると取り立ては止みます。
選挙権は残るし、戸籍や住民票、免許証等に痕跡が残ることも無い様です。
つまり、周りの人には特別な状況ではないかぎり、まず知られる事はないのです。
もちろん、大きな財産(家、高級自動車等)などは没収されるのですが、普通の車などは、残るそうです。
キャッシュカードやローンなどは、10年間できなくなりますが、家族も含めて普通の生活は維持できるので、これも(自己破産)一つの選択肢だと思います。

私自身、自己破産はしたことはないのですが、いつも隣り合わせです。
例えば病気で働けなくなっったとか.....未来の事など誰にもわかりませんよね。
借金でどうにもならなくなったら、命を絶つ前に『自己破産』....この言葉を頭の隅においておきます。
家族のために、自分の更なる未来のために....

それよりなにより、まずは借金をしないこと。家のローンなどいまある借金を早く返さないと....
『 さーて... 仕事、仕事..... 』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。