FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stress Free (ストレスフリー)って知っていますか?...

もしかしてストレス? 和漢研の『ストレスフリー(R)』

去年の秋に腰を痛めてからは、少し無理をするとすぐ腰にきてしまう日々が続いています。
自営業の私にとって仕事を休むという事は、収入が入ってこないという事。
仕事の方はなんとか、腰に負担をかけない方向にだんだんシフトしてきたので、
腰の方はなんとか落ち着いてきたのですが....ここで予想だにしない事が起こってしまいました。
少し、前の言い方をすると想定外という事でしょうか。

昼間体をあまり使わないので、夜寝られなくなったのです。今までは、晩酌をして食事をすれば、すぐ眠くなってきたのですが、体が疲れていないので、なかなか眠くならない.....
これが1日2日だったら、まだいいのですが、何日も何日も続くと、こんど寝られないというのがストレスになってきます。
当然のごとく酒の量もどんどん増えてきます。酒の力を借りていつもつぶれる様に寝ていた私.....

そんなある日、インターネットで見つけたのがこれ....和漢生薬研究所から販売されている『ストレスフリー』....
ラフマ、イチョウ葉、カンゾウなどの天然ハーブを組み合わせたリラックスハーブサプリメントです。
これを飲めば夜よく寝られるかも....
毎日の晩酌は欠かさない私ですが、これなら薬ではないので大丈夫...? 

しかし、説明文を読んでいるとはっきりとは書いていないのですが、なんとなく女性向け...?...
ん~...どうしよう....でも、同じ人間なんだから男でも女でも関係ないか....
今なら、お試しキャンペーン中なので210円で買えるので、とりあえず買ってみよう...という事で早速注文しました。

さて、届いた品物を見ると10粒入りのシートに入ってまるで薬の様...半信半疑のまま、試してみることに....
その日の夕方、6時頃にとりあえず2粒飲んでみました。

7時過ぎから、いつものように1人で飲み始め、8時頃これまたいつものように嫁さんが仕事から帰ってきました。
何気ない会話を交わしていると、嫁さんが「 随分陽気だけど、もうかなり呑んでるでしょう? 」
「 いや、まだこれだけだよ。」と私....
そして、いつもなら嫁さんがご飯を食べても“だらだら”とまだ飲み続けるのですが、この日は一緒にご飯を食べて、しばらくしてから寝ました。

私はもともと朝は強いほうですが、ここ最近はなかなか起きられない...しかし、今日は違ってました。昨夜、あまり飲まなかったからでしょう。

その夜、また1人で飲んでいると嫁さんが帰ってきて、またまた、同じような事を言います。
「 いったい何時から呑んでるの?すごく、テンション高いよ。」
「これだけ....」と言いかけた時、はっと気づきました。もしかして、ストレスフリーのせい.....

いつもなら、考え事をしながら、1人もんもんと飲んでいるのですが、これも、ストレスのせいだったのでしょうか?
このストレスが薄れた為、陽気になっているのかな? そして、この日もすぐご飯を食べて、早めの就寝。
次の日の朝もすっきり目覚める事ができました....


5日間試してみて、私自身一番の変化は、布団の中に入ってもあれこれ考えなかったので、すぐ寝られた事です。
そして、意外なのが酒の量が少なくなった事.....少ないお酒で気持ち良く酔えました。

自分自身はあまり考えた事はなかったのですが、ストレスというのは、みんな気が付かないうちに蓄積されているのかもしれません。私の場合は寝られないというストレス。これには、仕事のストレスもあると思います。
いままで、酒の力を借りていたのですが、今回思っていたよりいい感じだったので、
また、購入してもいいかなと考えています。
ストレスフリー 皆さんも試してみては.....夜ぐっすり寝られますよ......



スポンサーサイト

舌の数.......??

またまた、政治のお話.....

あまり、政治の話をすると、ブログの趣旨が変わってきてしまうので載せたくないのですが.......

TV等で与党の先生方の話を聞いていると、あまりにも腹が立ったので.......

私自身、今までの選挙では自民党から共産党まで、色々な政党に投票しています。いわゆる、無党派層というやつですね。
特定の政党を応援している訳ではないのですが、この2~3年の与党は本当に何かおかしくなってきている様な気がします。

総理大臣も含めて、大臣の資質の無いのがあまりにも多すぎる。そういう意味において自民党も人材がいないのかなと思います。
今朝もTVをつけると、また、大臣の辞任のニュースです。まだ、発足したばかりなのに....たったの4日ですよ....
TVでは、自民党や公明党の政治家がこの問題や舛添大臣の発言の言い訳に四苦八苦しています。
今更、取って付けた言い訳で国民の理解が得られるとまだ思っているのでしょうか?


国民からしてみると早く衆院解散総選挙をと望むのですが、下野するかもしれない自民、公明党は、
補正予算案を成立させてから.....国民の生活が大事.....政治空白を作ってはいけない.....などと心にも無い事を言って,また、選挙を先延ばしするかもしれません。
さんざん、政治空白を生んで国民をないがしろにしてきた自民党に言える資格は無いと思うのですが......


私達にも関心が高い後期高齢者医療制度.....
総裁選の最中に、突然、『この制度は廃止し、新たな制度の導入する』....みたいな事をぶちまけて、自民、公明党を慌てさせた舛添さんですが、いざ、大臣に返り咲くとまたまた、違うことを言い始めました。
舛添さん個人のフライングで、ただ単に自分の選挙目当てなのでしょうが、国民の大顰蹙の中、
自民党と一緒になってこの制度を支持し続けた公明党にとってはいい迷惑ですよね。
思えば、前にも選挙が終わった後で『そんな約束言ったっけ』と言って国民の大反発を買った年金記録問題と同じです。

本当に政治家というのは、1週間もしない内に言っている事がころころ変わるのですね。
選挙前と選挙後では、全く違う様な気がします。最近の自民党は特にひどい。
でも政治家のお偉い先生方にはうそをついているという感覚はないのでしょう。
こうなるともう詐欺師と同じですね。

そう考えると舛添さんも立派な政治家になったということでしょうか?
かってはTVの解説等で、歯に衣を着せぬ言論で言いたい事をはっきり言うところが、私は好きだったのですが......

前回の選挙後....TV番組で年金記録問題の事をとぼけた自民党の政治家に対してある視聴者からの投稿を思い出しました。
その言葉を拝借して、舛添さんに........

『舛添さん....口を大きく開けてごらん.....舌が何枚あるか数えてあげる.....』

Grow Leaf....??



Grow Leaf....??


皆さんは、『Grow Leaf 』って知ってますか? 直訳すると「 葉っぱを育てる。成長させる。」 という事になるのでしょうか?....

今年は、世界中でさまざまな気象現象がおこっています。アメリカのハリケーン、アジアでの豪雨などなど....数え上げたらきりがありません。しかも、年を追うごとにその被害も大規模になっている様な気がします。

日本はと言いますと,台風が来てる訳でも無いのに全国で雨の被害の報告が,連日TVのニュースから流れてきます。
今までも、夕立とかありましたが、そんな生やさしいものでは無く、突然自分達の町の上に雨雲がもくもくと立ち込めたと思ったら、雷を伴なう激しい雨・雨・雨...
隣町ではまったく降らないという、ごくごく局所的に降る雨.....そう....ゲリラ豪雨.....
かなりの被害がでました。

雨が降らなければ降らないで、連日真夏の熱帯夜(ヒートアイランド現象)等々....
日本でも、明らかにおかしな気象現象が起きている様に思われます。

その原因は.......
専門家達は口を揃えて環境問題の事を言います。CO2問題がその代表例でしょうか?

世界的な森林伐採などで、緑が少なくなった事に加え、人類が排出するCO2の急激な増加に、地球そのものがが耐えられなくなってきたのでしょう。
その対策として京都議定書が定められたのですが、実際には各国の思惑でなかなか前に進まないのが現実です。
(実際にはCO2だけでは無く、メタン、一酸化二窒素、HFC、PFC、SF6 なども含まれるのですが...)

そんな中、『 子や孫そして後世に向けて地球を守っていく 』という壮大なテーマを掲げ、仲間(企業)を募り、動き出しているプロジェクトがあります。

それが、冒頭に掲げた『 Grow Leaf 』です。サブタイトルに 「青い地球を守る緑の葉っぱたち」と謳ってあります。
では、どのような活動をしているのか? 
直訳文そのものです。「 葉っぱを育てる。成長させる....」

森林伐採などにより失われた森林を再生するために国内外で植林活動を行っています。
植林は、CO2問題以外にも、生態系保全、水源涵養(かんよう)、土砂災害防止、快適環境形成...などなど....いろいろな環境効果があります。
現在は、北海道、山梨県、南九州の3ヶ所ですが、順次増やしていくそうです。
植えられた木は、シリアルナンバーで管理し、森林となるまで、長期に渡って保育管理しているのです。

随分、手間と時間のかかる作業ですが、今から始めておかないとこの美しい地球は本当に火星の様になってしまうかもしれません。
参加企業の職種もさまざま...みんなそれぞれ、環境の事を真剣に考えてる会社です。

又、この『グローリーフ』は、命と環境をテーマにしたミュージカル「葉っぱのフレディー命の旅」へも協賛しています。
これは、子供達の情操教育に通じるものですね。
木も宝....子も宝....いう事でしょうか。
いろいろな活動をしているのですね。

では、その方法とは.....
『 Present Tree 』  を通して植林しています。

Present Tree は、環境問題に興味を持っている人達が実際に参加するきっかけを作ることを目的にした、プロジェクトです。

テレビやラジオで環境問題の事はよく取り上げられて久しいのですが、いざ私達が参加しようと思っても、何をどうしたらいいのかわかりませんよね。
どこに連絡すればいいの? 
お金がたくさんかかるのかな? 
時間的な拘束はあるのかな? ...等々....

そんな人達が“もっと楽しく”“もっと気軽に”参加できるようなシステムです。

このPresent Tree は、文字通り木をプレセントするものです。

結婚した時に結婚の記念として....
子供が生まれた時に、お父さん、お母さんから子供に.....
または、おじいちゃん、おばあちゃんから孫へのプレゼント.....
10年後、20年後、家族みんなで見に行って子供と木の成長を確認するのも、感慨深いものがあると思いますよ.....
もちろん、シリアルナンバーがついているので、どれが自分達の木かわかります。

凄く夢のある話だと思いませんか? しかも、環境問題に自分も一緒に参加しているという満足感もあります。

お値段も3000円から.....
この金額だとお父さんでもおこずかいから何とか捻出できますよね。

いまや、環境問題は人事ではありません。
私達は、次の世代、次の次の世代....に少しでも,住み易い環境を残せる様、
今できる事は何か,そろそろ本気で考える時期に来ているのかも知れません......

モンゴル....

今日のテーマは『モンゴル』....

モンゴルと言えば、まず思い出すのが「朝青龍。チンギス・ハーン(成吉思汗、ジンギス・カン)」。
特に、チンギス・ハーンは間違いなく世界で最も有名なモンゴル人だと思います。
13世紀に、世界最強と恐れられた騎馬軍団で中央アジアはおろかイスラム世界を次々と制覇し、
ヨーロッパにまで手をのばしていたそうな.....
しかし、これだけ有名であるのに、彼がどこで生まれどこで死んだか...
未だ、正確にわかっていない、謎の多い人物です。
しかし、この謎めいたところがまた新たな伝説を生んでいる様です。

義経不死伝説もその一つ。
これは源義経が追われて奥州から蝦夷へ脱出し、さらに対岸のアジア大陸に逃げ延びて、
後にチンギス・ハーンになったと言うもの。義経が蝦夷に敗走したのが、1189年頃...
丁度、時期的合っていたのでこういう伝説が生まれたのでしょう。
しかし、この説を初めて唱えたのがドイツ人医師シーボルトだというから、なお面白い。
彼の著書『日本』(1832年)に初めて文字として残っているそうです。
という事は,1830年代にはこの話があったという事になりますね。
実際、いまでも八戸市内には、義経が立ち寄ったと言われる場所が残っているとか.....

日本から遠く離れたモンゴルという国が、歴史の上でこういう形で日本と関わってくるのは面白いですね。

又、このモンゴルという国の現在はと言いますと.....凄い事になっています.....
急激に経済は発展を遂げ世界中から資源メジャーや商社が、集まっているそうです。
それはなぜか?.... 
いまだ手付かずの国土の75パーセントに膨大な資源が眠っていると言われているからです。
かつてのゴールドラッシュを彷彿させるような話ですね。

今、日本の相撲界はモンゴル人のパワーの前に圧倒されて成す術も無い状態です。

モンゴルのこの秘められた力は経済においても、日本のみならず世界を席捲する日は近いのかも知れません。

あのチンギス・ハーンの時代の様に.....

自己破産って.....

自己破産

自己破産って、皆さん聞いた事ありますよね。
自己破産をすると全てを失うような、何かすごく恐ろしい言葉の様に聞こえるのですが、
よくよく調べてみると、以外にもそうでもないようですよ。

考えてみると、自営業でほそぼそと営んでいる私など、この言葉を背中に背負って
毎日生きているようにも思えます。

お金に困った時など、銀行などなかなかお金を貸してくれないし....
クレジットカードが唯一のキャッシングの手段です。
それでも、足りないと今度はいよいよ消費者ローンです。
ここまで来るとドンドン背中の荷物が重くなってきます。
そして借金を返すために、新たに借金....そう、負のスパイラルですね...
毎日取り立ての電話...家にも来ますよね....追い詰められて....
そして、どうにも首がまわらなくなって...自殺....??

いえいえ、その前にまだ方法があります....そう、最後の手段が自己破産です。

弁護士さんに自己破産の申し立てを依頼すると取り立ては止みます。
選挙権は残るし、戸籍や住民票、免許証等に痕跡が残ることも無い様です。
つまり、周りの人には特別な状況ではないかぎり、まず知られる事はないのです。
もちろん、大きな財産(家、高級自動車等)などは没収されるのですが、普通の車などは、残るそうです。
キャッシュカードやローンなどは、10年間できなくなりますが、家族も含めて普通の生活は維持できるので、これも(自己破産)一つの選択肢だと思います。

私自身、自己破産はしたことはないのですが、いつも隣り合わせです。
例えば病気で働けなくなっったとか.....未来の事など誰にもわかりませんよね。
借金でどうにもならなくなったら、命を絶つ前に『自己破産』....この言葉を頭の隅においておきます。
家族のために、自分の更なる未来のために....

それよりなにより、まずは借金をしないこと。家のローンなどいまある借金を早く返さないと....
『 さーて... 仕事、仕事..... 』

自民党の断末魔の叫び...

米リーマン・ブラザーズが破産法適用を申請したみたいです。その負債の額は100兆円とかとも、言われていますが、まだ、正確な数字はでていないようです。我々には想像もつかないような数字です。余波はこれから出てくるとか、やっと落ち着きかけた、原油高もまた再燃するように言われています。いったい、この先、世界はどうなってしまうのでしょう。
 
と、国内に目を向けてみると、次期総裁候補の面々はみんな仲良く手をつなぎ、バスで全国行脚をしている様子。駅前で演説をして人を集めていますが、そもそも、あの集まった人の中に投票できる自民党員はいったい何人いるのでしょうか? 次期選挙目当てと言われてもしかたないですよね。あの、費用はどこからでているのでしょう? 政党助成金からかな? それって我々の税金ですよね。
でも、前回の郵政選挙と違い今回はマスコミも国民もいたって冷静です。自民党の思惑はずれという事でしょうか。候補者を見てみると、みんな前政権・前前政権の大臣や要職についていた人ばかり。自分たちの総理を支えることもできない大臣が総理大臣になっていったい何をしようというのか?

自民党も下野に下るのが、いやなので必死になっているようです。政権党はよっぽど美味しいのでしょうね。

消された年金問題も舛添さんは人ごとの様だし.......舛添さんは、もう国民の方は見ていないように見えますよね。完全に官僚の代弁者になってます。次の選挙に出てくるのかな。国民(都民)は見ていますよ。

かと思うと事故米は食べても、問題ないから、我々は騒いでいない....などとのたまう訳のわからん大臣も出てくるし......こんなやつは次の選挙でみんな落としてしまえ........

北朝鮮状況もよくわからない......総理大臣や~めた。 と言って政権を投げ出した福田さんは、完全に人ごとの様........よく、こんな人が日本のリーダーをやっていたなと思います。
連日、奥さんと高級中華料理店で中華料理を食い漁っているとか....
まあ、考え方を換えれば早く辞めてくれた方が良かったのかも.....

今日もテレビの画面の奥で、次期総裁候補の先生方が声をからして叫んでいます。
ただ、それが自民党の断末魔の悲鳴の様に聞こえるのは、私だけでしょうか?



酔っ払い.....?......

いざ、ブログを始めようとすると、徹夜の仕事が入ったりと急に仕事が忙しくなるから、不思議です。
徹夜の仕事も終わり、やっと体力も回復してきたので、もう一度仕切り直しです。

さて、その徹夜仕事の前の週になるので、少しさかのぼりますが.....
自営業の私....月曜日に某親会社の社長から、この日曜日の夜からの仕事の依頼のメ-ルが入ったので、OKのメールをかえしておきました。

その週の金曜日の夜。というか土曜日の朝......
土曜日が休みだったので、珍しく遅くまで起きていた私。1時半頃寝ました。

枕もとの携帯が鳴ったので寝ぼけてでたのですが、すぐ切れてしまいました。
時間を見ると3時(AM)
相手はその某親会社の社員、Mさんです。.....かなり、年配の人です。
こんな時間に何かの間違いかと思い、そのまま深い眠りに.......
また、電話が.....朝の5時です。さすがに、起きられませんでした。携帯を手に持ったまま...ZZZZ...
またまた、電話....6時です。ここで、飛び起きました。
仕事の日にちを間違えたかと思ったのです。あわてて、パソコンでメールを確認。間違いはありません。

電話してみると.....酔っています。
「おう!ごくろうさん。日曜日の仕事の件だけど、カクカクシカジカ.....」
『ほとんど呂律が廻っていません。』

「何々の件は聞いてるか? え~聞いてない。これだよ。やっぱり俺が電話してよかったよ...」
『夜中の3時にか....怒...』

その後もくどくど.....何か言っているのですが、ほとんどわかりませんでした。
睡眠がぶつ切りになったので、私の頭はボーッとしています。
結局、何が言いたかったのか? 何か、一晩中一人で呑んでたみたい...
誰かと話たくて、電話してきたみたいです。
まったく、迷惑な話です。

皆さんの周りにこういう人いませんか?

テーマ : バトン
ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。