FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grow Leaf....??



Grow Leaf....??


皆さんは、『Grow Leaf 』って知ってますか? 直訳すると「 葉っぱを育てる。成長させる。」 という事になるのでしょうか?....

今年は、世界中でさまざまな気象現象がおこっています。アメリカのハリケーン、アジアでの豪雨などなど....数え上げたらきりがありません。しかも、年を追うごとにその被害も大規模になっている様な気がします。

日本はと言いますと,台風が来てる訳でも無いのに全国で雨の被害の報告が,連日TVのニュースから流れてきます。
今までも、夕立とかありましたが、そんな生やさしいものでは無く、突然自分達の町の上に雨雲がもくもくと立ち込めたと思ったら、雷を伴なう激しい雨・雨・雨...
隣町ではまったく降らないという、ごくごく局所的に降る雨.....そう....ゲリラ豪雨.....
かなりの被害がでました。

雨が降らなければ降らないで、連日真夏の熱帯夜(ヒートアイランド現象)等々....
日本でも、明らかにおかしな気象現象が起きている様に思われます。

その原因は.......
専門家達は口を揃えて環境問題の事を言います。CO2問題がその代表例でしょうか?

世界的な森林伐採などで、緑が少なくなった事に加え、人類が排出するCO2の急激な増加に、地球そのものがが耐えられなくなってきたのでしょう。
その対策として京都議定書が定められたのですが、実際には各国の思惑でなかなか前に進まないのが現実です。
(実際にはCO2だけでは無く、メタン、一酸化二窒素、HFC、PFC、SF6 なども含まれるのですが...)

そんな中、『 子や孫そして後世に向けて地球を守っていく 』という壮大なテーマを掲げ、仲間(企業)を募り、動き出しているプロジェクトがあります。

それが、冒頭に掲げた『 Grow Leaf 』です。サブタイトルに 「青い地球を守る緑の葉っぱたち」と謳ってあります。
では、どのような活動をしているのか? 
直訳文そのものです。「 葉っぱを育てる。成長させる....」

森林伐採などにより失われた森林を再生するために国内外で植林活動を行っています。
植林は、CO2問題以外にも、生態系保全、水源涵養(かんよう)、土砂災害防止、快適環境形成...などなど....いろいろな環境効果があります。
現在は、北海道、山梨県、南九州の3ヶ所ですが、順次増やしていくそうです。
植えられた木は、シリアルナンバーで管理し、森林となるまで、長期に渡って保育管理しているのです。

随分、手間と時間のかかる作業ですが、今から始めておかないとこの美しい地球は本当に火星の様になってしまうかもしれません。
参加企業の職種もさまざま...みんなそれぞれ、環境の事を真剣に考えてる会社です。

又、この『グローリーフ』は、命と環境をテーマにしたミュージカル「葉っぱのフレディー命の旅」へも協賛しています。
これは、子供達の情操教育に通じるものですね。
木も宝....子も宝....いう事でしょうか。
いろいろな活動をしているのですね。

では、その方法とは.....
『 Present Tree 』  を通して植林しています。

Present Tree は、環境問題に興味を持っている人達が実際に参加するきっかけを作ることを目的にした、プロジェクトです。

テレビやラジオで環境問題の事はよく取り上げられて久しいのですが、いざ私達が参加しようと思っても、何をどうしたらいいのかわかりませんよね。
どこに連絡すればいいの? 
お金がたくさんかかるのかな? 
時間的な拘束はあるのかな? ...等々....

そんな人達が“もっと楽しく”“もっと気軽に”参加できるようなシステムです。

このPresent Tree は、文字通り木をプレセントするものです。

結婚した時に結婚の記念として....
子供が生まれた時に、お父さん、お母さんから子供に.....
または、おじいちゃん、おばあちゃんから孫へのプレゼント.....
10年後、20年後、家族みんなで見に行って子供と木の成長を確認するのも、感慨深いものがあると思いますよ.....
もちろん、シリアルナンバーがついているので、どれが自分達の木かわかります。

凄く夢のある話だと思いませんか? しかも、環境問題に自分も一緒に参加しているという満足感もあります。

お値段も3000円から.....
この金額だとお父さんでもおこずかいから何とか捻出できますよね。

いまや、環境問題は人事ではありません。
私達は、次の世代、次の次の世代....に少しでも,住み易い環境を残せる様、
今できる事は何か,そろそろ本気で考える時期に来ているのかも知れません......

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。